前へ
次へ

風邪をひく人とひかない人の違いは免疫力の高さ

冬本番を迎えると風邪も増えてきますが、個人差のある症状の程度はあれども、辛い時には病院へ行くことです。頻繁に風邪をひいて医療機関のお世話になる人と、冬でも元気でめったに風邪をひかない人の差は、実は内側にあります。答えは免疫力の違いであり、高い免疫力を持つ人はそう簡単に風邪をひいたりはしません。体内にウイルスや細菌などの病原菌が入り込もうとするのを、強力に防いでくれるのが免疫力です。細菌などが侵入をしても、病原菌を積極的に撃退してくれます。免疫力の高い人というのは、つまり自己防御機能も高いということです。まずウイルス自体を簡単に寄せ付けませんし、入り込んでも強力に退治をしてくれます。生まれなら免疫力が高いかどうかというよりも、スタート地点の免疫力は大体大差はありません。大人になってからでも免疫力を高めることができるので、そのためにも食生活を改め睡眠をしっかりとり、健康的な生き方をするのがポイントです。

Page Top