前へ
次へ

ビタミンB12含有目薬使用や目を温めることも

年齢関係なく眼鏡を必要とすることはありますが、シニア世代に入ると老眼が始まります。目のトラブルは眼科に相談ができますが、老眼を早めたいために若いうちからの心がけも大事です。目に関わる疾患の治療は眼科など医療機関でも対応できますが、老眼は年齢的なことなどが関わるので、なってからより老眼に進めないための対策の方が重要になります。現代人にとってスマートフォンは常に携帯をするアイテムであり、電車やバスや旅先に日常の中でも、必須アイテムであり見ないと気になって仕方がありません。しかしスマートフォンの見すぎは、いつの間にか視力を低下させることになる要素です。液晶画面を常に近い距離で見続けますし、長く寄り目の状態を続けるとピントも合わせにくくなります。目の本来の調整力が衰えるため、目の疲労感からいつの間にか老眼を促進する流れです。液晶画面を見ても10分毎くらいに、画面から目を離して遠くを見たり、目の周りを温めたり、ビタミンB12含有の目薬などを医療機関で処方してもらうのも対策になります。

Page Top